忍者ブログ
ホビーロボットの底辺をミニ四駆レベルに引き下げる事を目標に、小型、軽量、安価、簡単なロボットに超戦中!
[260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日から、学校のロボット用に発泡塩ビを加工し始めます。
何で学校のチームの方の事なのにここに書くかって言いますと、だいぶ無茶をするからって事もあります。
あと、某所に関係するコメントを書き込んだ時に、URLをこっちにしていた気がしたので。

さて、私は現在、アクリサンデー様のフォーレックスを使用しています。
以前は3mmのものに限り近所で入手できたバカみたいに安いものを使っていましたが、もう取り扱っていないみたいなので2mmのフォーレックスを大量に消費しています。

どうしても強度が必要な場合、昨年3月に試した方法を使用しています。
1枚をトラス状になるように穴を開け、もう1枚に張り合わせる方法。
5mmの板1枚と比べ、半分の重量で同じくらいの強度があるように思えます。
まあ、強度に関しては手で持って曲げてみた感じですが。

一方、強度が必要無い場合は容赦無く2mmの板をそのままで使っています。
サーボの面と接する場所や、そもそもそれほどの重量の無い機体等です。
何か、もっとその辺を強調する為にフレームむき出しの小型機を作るべきなんじゃないかと・・・


さて、最近はまた超小型機を作りたいなと、そう思っています。
今作っている新型の、頭等のサーボを廃止。
いつもの片脚3軸、平行リンクに足首ロール軸無しの構造でいきます。
さらに、バッテリーは4セルにして両足に積み、開いた胴体にマイコンを搭載。
腕にサーボを追加し、そのままでは起き上がれないので背面に何か・・・
そう考えると、思い出すのは第4回わんだほーのWhilの羽。
ああ、また見た目重視のネタ機体に・・・

正直に、思った事を書きます。

SDドラグナーができそうですね。
なんか、やりたくなってきました。

そうすると、その手のロボットに「横歩き」って案外あわないので、みんなのやすさんのASURA(SRCの頃の)みたいに股関節ロール軸も廃止。

しかし、問題はドラグナーの羽が動かないかもしれないという事。
そもそも、あの羽はオプションみたいですし。
同世代が「勇者はマイトガインから」というのに対し「ファイバードからみてた」という私でさえ、ドラグナーの頃は確か生まれてもいなかったはずなので見ていません。
なので、詳細は知らない為に資料を集めなければなりません。
理想としては∞ジャスティスの羽が良い感じですが、この間の大会はガンダムだらけだったようなので出来れば避けたいところ。

ここで別の問題が発生。

やっぱりファルゲンの方がいいな、と。

まあ、世代ではない以上は熱く語るだけの知識も無い訳ですが。
しかし、大好きですからね、ドラグナー。
実はWhilの羽もドラグナーの影響だったという・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンタ
最新CM
[07/16 シマ]
[06/29 ごーすと]
[01/31 ごーすと]
[05/28 ごーすと]
[08/23 オサルのハハ]
最新TB
プロフィール
HN:
ごーすと
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ * [PR]
* blogdesigned by Mei Fukui.